新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

医療レーザー脱毛による体への影響、副作用はありません

医療レーザー脱毛による体への影響、副作用はありません
「毛が無くなる医療レーザー脱毛って安全ですか・・・?」
こんな質問をよく受けます。
「痛くないですか?」
「脱毛をした後、副作用ってありますか?」
「病院でやる脱毛だから、終わった後2,3日は調子が悪くなるのでは?」と神経質になる必要はないんですよ。
確かに、脱毛を受けた肌が少し赤くなる程度の反応はありますが、カウンセリングで脱毛を受ける前や後の注意を守ることで、トラブルなく過ごすことが出来ます。
もし、皮膚トラブルが出てしまった時でも、すぐにご相談頂ければ、適切な治療が受けられます。
皮膚の塗り薬なども処方できますので、どうぞご安心下さいね。

「医療レーザー脱毛後におきるトラブルにはどんなことがありますか?」

医療レーザー脱毛は、毛を作り出す毛乳頭という細胞を高出力の光を照射し破壊する機能を持っています。
ですから、火傷のリスクがないとは言えません。
もし火傷したとしても、その症状は大変軽いものになります。
レーザーの光は、毛のメラニンという色素に反応しています。
日焼けをした肌は、皮膚にもこの色素が沈着しているため、レーザーの光が毛ではなく、皮膚に反応してしまうと、火傷してしまうことがあります。
ですから、私達のクリニックでは海に出かけて日焼けをしたら、医療レーザー脱毛をお休みするようにアドバイスしています。
この他にホクロがある場合も、火傷をするリスクがあるので、その部分を避けてレーザーを照射しています。

医療レーザー脱毛を受けている時に気をつけること

脱毛を確実に、安全に行うために、私達がみなさんにお願いしていることがあります。
それは、日焼けを出来るだけしないようにすることなんです。
日焼けをすると、レーザーの光が反応して皮膚トラブルを起こすことがありますし、施術後の日焼けは、肌にシミを作ってしまうリスクがあります。
日頃の過ごし方については、カウンセリングで説明させて頂いております。
わからないことがありましたら、遠慮なくお尋ねくださいね。
 
 
 
 

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

0120-777-695

受付:11:00~20:00 (年中無休)

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る