新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

針脱毛と医療レーザー脱毛の違いは何ですか?

針脱毛は、毛穴1つ1つに電気針を指して電流を流し、発毛組織を破壊して脱毛を実現する仕組みです。
医療レーザーが登場する前の永久脱毛は、針脱毛が主流でした。
針脱毛と医療レーザー脱毛の違いは、施術にかかる時間と痛みです。
針脱毛は、毛穴に針を指すのでかなりの痛みを伴います。
そして、毛穴1つ1つに電流を流すため1回当たりの施術時間がとても長くなります。
また脱毛をする医師や看護師に高い施術レベルが必要とされます。
施術者の熟練度合いによって、仕上がりに差が出ることもあります。
そして最大の問題は、価格が高いことです。
両脇だと、当院では6回施術を受けると28,350円ですが、針脱毛での永久脱毛完了平均金額は約10万円と言われています。
脱毛希望部位の面積が広いと、1回あたりの施術時間もかかりますし、料金もかかります。
このような針脱毛ですが、顔の産毛の脱毛をしようと考えている人には向いています。
産毛は、色が薄くて細く、レーザー脱毛の光は反応しにくいことがあるからです。
針脱毛は、全ての毛を脱毛せずに、一部だけ残しておくといったことも出来るので、希望箇所の仕上がりを施術スタッフと相談しながら脱毛を進めていくことが出来るのです。
当院では、「ライトシェア・デュエット」を脱毛機として採用しています。
この機械は、施術面積の大きさによって2種類の照射口を使い分けて脱毛を行います。
顔脱毛では、肌表面に凸凹が多いので、小さめのハンドピースを使ってレーザーを照射していきます。
当院の脱毛機は、肌を吸引しながら照射を行うので、出力が低くても確実に毛根を破壊出来ます。

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

0120-777-695

受付:11:00~20:00 (年中無休)

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る