新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

医療脱毛ってなに?エステ脱毛との違い、メリットデメリットを徹底解明!

医療脱毛ってなに?エステ脱毛との違い、メリットデメリットを徹底解明!

医療脱毛とエステ脱毛の違いは?

 

脱毛をしようと考えたら「どこで脱毛するか」はとても重要な要素です。

脱毛には大きく分けると、医療脱毛とエステ脱毛の2種類に分かれます。

 

 

 

医療脱毛は美容整形外科などのクリニックや医療機関で行われるため、クリニック脱毛とも呼ばれます。

エステ脱毛はエステや脱毛サロンで行われるため、サロン脱毛と呼ばれることがあります。

 

 

 

〇施術してくれる人が違う
医療脱毛とエステ脱毛の違いには、まず施術者が挙げられます。

医療脱毛は医師や看護師が施術を行い、エステ脱毛はエステティシャンが施術します。

医師や看護師は国家資格を持っていますが、エステティシャンの資格は国家資格ではなく、民間のものしかありません。

 

 

〇用いる機械が違う

医療系では、一般的に「レーザー」の機械を用いて施術をします。

レーザー脱毛は効果が強く、永久脱毛を目指せます。

施術の回数や脱毛が完了するまでの期間は

一般的にエステ脱毛よりもはるかに早いと言われています。

 

 

このレーザー脱毛は医療機関でしか扱えない機器で、したがって永久脱毛も医療機関でしか実現できません。

一方、エステ脱毛の多くは「フラッシュ脱毛」です。

フラッシュ脱毛は光脱毛、IPL脱毛などとも呼ばれます。

レーザーよりも効果がやや劣りますが、脱毛効果はありますので、半永久的に脱毛をすることは可能です。

 

 

 

 

〇サービス面が違う

医療脱毛では施術した後に肌に異常があったときなどトラブルの際に

すぐに医師の診察を受けられる、という安心な面があります。

しかし、施術前後のマッサージなどのリラクゼーションサービスを受けることはほとんどありません。

逆に、エステサロンで脱毛の施術を受けると

リラクゼーションマッサージサービスを受けられるところもあります。

しかし、肌のトラブルに際してはエステや脱毛サロンでは対応できないため、病院へ行かなければなりません。

 

 

 

〇料金設定も違う

料金面では、医療脱毛は多毛症などの病気の治療を除き、保険が適用されません。

自由診療となるため、比較的値段が高くなる傾向があります。

 

一方エステ脱毛は激安キャンペーンを展開したり

期間中体の各部位を何度でも脱毛できたりするなどのお得なプランがあります。

そのため、医療脱毛に比べて値段は安くなり、金銭的負担が減る傾向にあります。

 

 

 

 

 

このように医療脱毛とエステ脱毛にはたくさんの細かな違いがあるので、脱毛をするときはまずこれらの違いをしっかり把握したうえで、どのような脱毛をしたいのかよく考えるようにしましょう。

 

 

  1. 脱毛?減耗?除毛?種類と違い

上のようにレーザー、フラッシュと見てきましたが

脱毛の種類は他にもあります。

 

 

もそも毛を取り除くという行為には「脱毛」「減毛」「除毛」の3種類があります。

それぞれの違いは、脱毛が「毛を抜く・毛が抜ける」という意味であることに対し、

毛は「生えてくる毛を極力減らす」という脱毛よりも弱い意味となっています

。除毛は、毛を根元から抜くのではなく、「皮膚表面に生えた毛を取り除く」ということを指します。

 

 

それでは、医療機関やエステサロンで行われる脱毛方法は、脱毛・減毛・除毛のどれに当たるのか

あらためて詳しく見ていきましょう。

・レーザー脱毛(脱毛)
医療機関でのみ行える脱毛法で、永久脱毛を目指すためには必要不可欠な方法です。

メラニン色素など黒いものに反応するレーザーを使って

毛が生える原因である毛乳頭という毛根を熱で焼いていきます。

毛母細胞が傷つくと、そこからは毛が生えなくなるため、永久脱毛をすることが可能となります。

なお毛母細胞が焼かれると、そこに生えていた毛は施術から数日後に抜け落ちます。

したがってレーザー脱毛は「脱毛」ということができます。

・フラッシュ脱毛(光脱毛)(減毛)
エステサロンで行われることが多いフラッシュ脱毛は、原理的にはレーザー脱毛と同様。

毛乳頭を焼くという方法で脱毛を試みる方法です。

しかし、レーザー脱毛と比較して威力が弱いため

毛母細胞に完全にダメージを与えることが難しい側面もあります。

そのため完全な脱毛とはいえず

レーザー使用よりもワンランク下の「減毛」といえるでしょう。

・ニードル脱毛(脱毛)
特殊なニードル(針)を毛穴に刺し

そこから電流を流して毛母細胞にダメージを与える方法です。

レーザー脱毛同様「脱毛」と呼べるほどの威力を持っています。

ニードル脱毛の特徴としては、毛を5ミリから1センチ程度生やした状態で行うことと

毛を1本1本焼いていくため、時間と施術代が多くかかるところです。

・ワックス脱毛(脱毛)
ワックスを毛が生えている部分に塗り、毛にワックスを接着させます。

ワックスをはがすと毛が根元から抜けていくため、「脱毛」の一種といえます。

しかし、脱毛といっても毛母細胞にダメージを与えるわけではないので、

時間が経てば再び同じところから毛は生えてきます。

ワックス脱毛は効果が一時的な脱毛法となっています。

・毛抜き(脱毛)
ピンセットを使って毛を抜く方法は、毛を根元から取り除く「脱毛」の一種です。

ただし、毛を抜いただけでは毛母細胞にダメージを与えることができないため

時間が経てば再び同じ場所から毛が生えてきます。

・除毛クリーム(除毛)
除毛クリームを毛が生えている場所に塗ると

クリームに混ざって生えていた毛が取り除かれます。

除毛クリームを使って処理できる毛は皮膚の上から生えている部分だけなので

典型的な「除毛」方法となっています。

除毛後は割とすぐまた毛が生えてきますが

シェービング後の毛のように先端が尖ってチクチクことはありません。


・シェービング(除毛)
カミソリを使って毛を剃るシェービングは、「除毛」となります。

剃った当初は滑らかな肌触りになりますが

人によっては数時間後に再び毛が成長し、触るとチクチクした感触になります。

・家庭用脱毛器(除毛)
原理的にはレーザー脱毛やフラッシュ脱毛と同じ仕組みで脱毛を試みることができる機械です。

しかし威力がフラッシュ脱毛よりも弱いため、脱毛効果はあまり期待できません。

本来なら減毛に該当するべき機械ですが

フラッシュ脱毛以下の効果のため

効果は「除毛」程度に考えておいたほうが良いでしょう。

 

 


脱毛・減毛・除毛効果が期待できる毛の処理方法をご紹介しました。

毛の悩みから完全に解放される「永久脱毛」を希望し、施術の期間や料金を考慮するのであれば

レーザー脱毛が一番おすすめの方法といえるでしょう。

 

 

  1. 医療レーザー脱毛のメリット

医療脱毛のなかでも、医療レーザー脱毛のメリットを詳しく見ていきましょう。


まず、施術が完了するまでにかかる期間についてです。

医療レーザー脱毛は威力が強いため、エステ脱毛よりも短期間で脱毛を完了できることが大きなメリットです。

具体的には、医療レーザー脱毛の場合は平均して1年〜2年程度で脱毛が完了するのに対して、エステのフラッシュ脱毛の場合、サロンによっては3年〜5年程度かかることがあります。

 

脱毛期間の長さは、施術代の合計金額にも反映されます。

医療レーザー脱毛にかかる金額は一般的にフラッシュ脱毛よりも高いと考えられがちですが、実際はトータルの金額を見るとそれほど大きな違いはありません。

例えば、1回6万円の全身医療レーザー脱毛を2年の間に6回行う(合計36万円)のと、1回2万円のフラッシュ脱毛を6年の間に18回行う(合計36万円)のとでは、金額的な違いはないからです。

さらに、期間が短いとクリニックに行く手間や時間、交通費が削減できますし、途中で脱毛に行かなくなってしまうというリスクも避けることができます。


また、医療レーザー脱毛のメリットとして、1回の施術時間が短いということも挙げられます。

脇を医療レーザー脱毛する場合、1回の施術時間は両脇を合わせて10分程度しかかかりません。

同じ医療脱毛のニードル脱毛よりも圧倒的に短時間で施術が完了します。

忙しくてなかなか脱毛をする時間が取れないという人も、隙間時間にクリニックを訪れて脱毛することができるでしょう。

 

医療機関で行うので、肌へのケアをする塗布薬を出すことができる、というのもメリットです。

肌が剃刀に負けしてしまう人なども安心して施術を受けることができます。

万が一肌トラブルがあったとしても、すぐに医師の診察を受けられるので安心です。


そして、医療レーザー脱毛を用いた医療脱毛では、「永久脱毛」を目指せるということも見逃せません。

医療レーザー脱毛のマシンはレーザーの威力が強く、医療機関でしか使用できないのです。

このメリットは、産毛も脱毛したい人という願いも叶えることができます。

医療レーザー脱毛はパワーを高めることで、メラニン色素がない産毛の毛乳頭にもきちんと作用してくれることが期待できるからです。

一方、フラッシュ脱毛は威力が弱いため、産毛に対してそれほど効果が期待できません。

そもそもフラッシュ脱毛は減毛が目的であることが多いので、産毛を含めた永久脱毛はできないのです。

産毛込みでの永久脱毛を望んでいるのなら、医療脱毛を選んだ方が後悔のない選択となることでしょう。

 

 

 

  1. 医療レーザー脱毛のデメリット

たくさんのメリットがある医療レーザー脱毛にもデメリットもあります。
まず、医療レーザー脱毛は威力が強く、高い脱毛効果を持っていますが、場合によっては肌トラブルが起きることがあります。

機械から照射される毛母細胞を破壊するレーザーは熱を帯びています。

照射時間が一瞬のため、施術を受ける側にはピリっとした痛みで済むことが多いのですが、

実際は高温の熱が皮膚に加えられています。

そのため、人によっては施術後に肌が赤くなったり、ヒリヒリしたり、場合によってはやけどのような状態になることがあるのです。

やけどのリスクは威力が弱いエステ脱毛よりも高い傾向にあるといえるでしょう。

しかし、事前に医師に肌状態を相談したり、照射出力の調節を適切に行ってもらったりすることで、これらのリスクは最低限に抑えることができます。

実際、治療を要するようなケースは非常に少ないです。


また、初めての部位を医療レーザー脱毛するときは、痛みを強く感じる人もいるでしょう。

特にVIOラインや脇などのデリケートな部分は、太く濃い毛が多く生えている部分でもありますので、他の部位よりもさらに痛みが強い傾向にあります。

その理由は、まだしっかりした毛根がたくさんある状態なので、レーザーも多くの毛母細胞に作用し、その分痛みも強く感じやすくなるからです。

一方、エステ脱毛は威力が弱いため、初回の施術であっても比較的それほどの痛みは伴わないといわれています。

しかし、医療レーザー脱毛には、基本的に初回が一番痛みを感じやすく、毛根が減ってくる2回目以降は痛みが軽減されていくという特徴があります。

また、痛みを感じやすさには個人差があります。

太く濃い毛がたくさん生えている人や、皮膚が弱かったり薄かったりと外部からの刺激に弱い人は事前に医師に相談できますし、そうではない人なら例え初回の施術であっても、ピリッとした痛み程度で終わることも多いです。

 

 

 

  1. 医療レーザー脱毛の気になるポイント、回数と期間の関係

 

医療レーザー脱毛には高い効果があるといっても、1回の施術で永久脱毛が完了するということはありません。

毛には毛周期があるので、何回か施術回数を重ねないと脱毛の効果は十分に得られないことでしょう。

医療脱毛で納得のいく結果を目指す場合、平均的に6回前後はレーザーを照射する必要があるといわれています。

必要に応じてはもう少し回数を重ねる方もいらっしゃいます。

 

期間的には5~6回であれば平均1年〜2年でしょう。

理由は、毛周期に隠されています。

毛周期とは毛が生え変わるサイクルのことで、成長期と退行期、休止期の3つに分割されます。

成長期は、さらに毛母細胞が分裂を始めて皮膚の下で毛が作られ始める成長期1期と、毛母細胞が活発に活動して毛が皮膚の上に伸びていく成長期2期に分けられます。

退行期は、十分に成長した毛が活動をやめて抜けていく期間のことです。

休止期は、毛が抜けた後で毛母細胞が次の毛を作るまでに皮膚内で休息している期間のことを指します。

 

効果を出すためには、2つの成長期の毛にレーザーを当てることが必要です。

毛母細胞が活発化している間に細胞を破壊することで、永久的に毛が生えることを阻止できると考えられています。

 

 

 

  1. 全身脱毛?部分脱毛?医療脱毛ができる箇所

医療脱毛で永久に脱毛したいと考えていても、頭の先からつま先まで全身の毛をすべて医療脱毛で取り除けるわけではありません。

例えば、まつ毛をレーザー照射して脱毛するのはリスクが大きいために、医療脱毛することはできません。

同様に、眉毛の医療脱毛をしていないところもたくさんあります。

レーザー光を直視してしまうと、目に重大なダメージを与えるからです。

(当院では安全な範囲での眉毛へのレーザー照射を行っています。)

 

しかし、頭部と顔の一部を除くほとんどの部位で脱毛することは可能です。

顔部分では額、頬、口周り、あご、フェイスライン

首周辺では襟足と首の後ろ側の毛は、医療脱毛を行うことが可能です。

首下から上半身までは、脇、乳首周りを含む胸、へそ周りを含む腹部、肘上・肘下の腕、背中が、脱毛できる範囲となっています。

下半身はvioライン、膝上・膝下・膝、足の甲、ヒップの毛を脱毛できます。

vioとは股間周辺を指します。

vラインはアンダーヘアが生えている部分で、股と太ももの付け根を結ぶ逆三角形をしています。

iラインとは小陰唇の両側周辺を指す言葉です。

デリケートゾーンに生えている毛を脱毛したい場合は、iライン脱毛を行う必要があります。

oラインとは肛門周辺の毛のことです。

oライン周辺の毛は見た目以外にも、衛生的に良くないという特徴があります。


このように、私たちの体はほとんどの部位で脱毛可能となっています。

しかし、全身脱毛ができる範囲は各クリニックによって違いがあるので注意する必要があります。

全身脱毛で除外されがちなのは顔とvioです。

せっかく全身脱毛で鼻の下やvioを脱毛したいと考えていても、

場合によっては別途料金を支払って脱毛しなければならなくなる可能性もあるのです。

料金に関しては、全身脱毛の方が部分脱毛をすべて合わせた場合よりもお得になりますが、自分が脱毛したい部位が全身脱毛コースの適用外である場合は、追加料金を支払う必要が出てくるため損をしてしまうことがあります。
当クリニックでは、他クリニックでは対応していないことの多い鼻や、先ほど書いたような眉下の安全に行える部分、といった箇所も照射可能です。

全身脱毛のコースには、顔とvioが含まれているもの、含まれていないものをお選びいただけます。

その他にも様々なコースもありますので、クリニック選びに迷った際には、ぜひご相談ください。

 

 

  1. 医療脱毛の効果を高める方法

実は自分でできる医療脱毛前後のケアによって、肌トラブルを防ぎ、脱毛効果を高めたりすることができます。


まず、医療レーザー脱毛を開始したら、脱毛部分の毛を抜くことはやめてください。

毛を抜いてしまうと毛母細胞は休息してしまいます。

医療レーザー脱毛は毛周期に合わせて通い照射をしますが、これにより毛周期が乱れ、照射できずに残ってしまう毛が出てきてしまうのです。

脱毛中のムダ毛の処理はシェービングで行いましょう。

 

次に、医療レーザー脱毛は肌への負担が少ないとはいうものの、まったくダメージを与えないわけではありません。

そのため、施術当日は湯船につからずシャワーのみにし、かつできるだけぬるま湯か熱すぎない程度の温度に設定しましょう。

医療脱毛後の肌にほてりがある場合は、保冷剤や濡れた冷たいタオルで脱毛部位を冷やすことで、肌を素早く回復させましょう。

当院では塗布薬もお渡しするので、必要に応じて使っていきます。


脱毛を開始したら、紫外線は極力浴びないようにすることも心掛けてください。

紫外線を浴び日焼けした肌は乾燥しやすく、軽いやけどというダメージを受けている状態でもあります。

そこにレーザーを照射すると肌トラブルを招きかねません。

また、レーザーは黒い色(メラニン色素)に反応します。紫外線を受け日焼けした肌にもレーザーが反応してしまい痛みを感じやすくなったり、毛根のみにレーザーを当てられず効果を弱めてしまったりする恐れがあります。

夏でも長袖の服を着たり、帽子や日傘で直射日光が施術部位に当たったりするのを避けるようにしてください。


医療レーザー脱毛中の肌トラブルを防ぐためには、保湿することが重要なポイントとなります。

保湿は弱った肌を守るバリアを作る役割を果たすため、弱った肌の回復を早めます。

特に脱毛後の肌は水分が失われている状態なので、いつもよりも多めに保湿し、お肌に水分を供給してあげましょう。

保湿に使用する化粧品と乳液は特別なものではなく、普段から使用しているもので結構です。
また、保湿は施術後だけではなく、施術前にもしっかりと行っておきたいものです。

保湿がうまく機能している健康的な肌は外部刺激に対して強いため、レーザーの照射パワーを上げることができます。

照射パワーが強くなると結果的に脱毛の効果も高まるので、より短期間で効率的に医療脱毛を行えることにつながります。

肌にも周期があるため、医療レーザー脱毛の数日前後だけではなく、長い期間をかけて継続的に行いましょう。

 

 

  1. 医療脱毛がお勧めな人

医療脱毛には、永久脱毛に対して大きな効果があります。

エステ脱毛が毛を減らす減毛だけあるのに対して、永久に脱毛したいと考える人には、医療脱毛はベストな選択肢といえるでしょう。

 

特に医療レーザー脱毛であれば、身体中のかなりの部分の毛を永久的に脱毛することができます。

今まで毛の処理をする時間が煩わしいと感じていた人や、剃刀負けをして毛の処理をするたびに肌にトラブルが起きていた人で、永久的にムダ毛処理の悩みから解放されたい人に医療レーザー脱毛はおすすめです。


また、医療レーザー脱毛は、同じ医療脱毛であるニードル脱毛や、エステ脱毛のフラッシュ脱毛といった他の種類の脱毛方法より、短時間かつ短期間で脱毛を完了できます。

永久脱毛をより早く完了させたい人にもおすすめです。

 

さらに脱毛が完了すれば、ムダ毛の処理に関する費用がほとんどかからなくなります。

医療レーザー脱毛にかかる金額は安いとは言えません。

施術する範囲によっては数十万円かかることもあります。

しかし、剃刀や除毛クリームを購入するなどムダ毛の自己処理にかかる費用を人生のなかでトータルして比べると、結果的にお得になるでしょう。

もし永久脱毛を考えているのなら、なるべく早く、若いうちに初めた方がよりお得ですよ。


自分が毛深いのではないかと悩んでいる人も、脱毛で毛の総量を減らすのはいかがでしょうか。

自分の毛深さを悩んでいるとストレスがたまり、心身ともに良くない影響をもたらしかねません。

毛深いというのは体質ですので、自然に体質が劇的に変わることはめったにありません。

医療レーザー脱毛をすると、毛の量が明らかに減少していくため、長年の悩みが消えていくことでしょう。

悩みから解放され、より明るく開放的な自分になれ、おしゃれを楽しめるかもしれません。


医療脱毛は医師が監督する下で行われる行為です。

脱毛に不安がある人や肌が弱い人でも、事前の医師とのカウンセリングと、看護師による施術で、安心して進めることができます。

万が一肌トラブルなどが発生しても、すぐに医師に診てもらえます。

不安を解消し、安心して施術に望むということはとても大切なことです。

永久脱毛がしたくても、初めての脱毛で不安があったり、以前エステ脱毛で失敗した経験があったりする人もいることでしょう。

そんな場合は、まずは当クリニックの医師と相談してみてはいかがでしょうか。そうすることで、不安が解消され、納得いく脱毛ができますよ。

 

 

 

東京新宿の医療脱毛・医療レーザー脱毛なら

東京新宿の医療脱毛・医療レーザー脱毛のドクター松井クリニック

こちらの記事に関連する部位の施術メニューはこちら!

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

0120-777-695

受付:11:00~20:00 (年中無休)

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る