新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

医療レーザー脱毛とは?徹底的に理解したい方のために

医療レーザー脱毛とは?徹底的に理解したい方のために

医療レーザー脱毛と光脱毛(エステ脱毛)の大まかな違いとは?

腕やワキのムダ毛が気になる女性は多いことでしょう。

中には全身脱毛を希望する人もいますよね。

そんな人々が脱毛しようと調べてみるとまず行き当たる悩みといえば

さまざまな脱毛方法の中でも、医療レーザー脱毛と光脱毛の違いではないでしょうか。

 

 

医療レーザー脱毛と光脱毛とでは

施術方法・脱毛効果・費用が大きく異なります。

良いところだけを知るのではなく

どんなデメリットがあるのかも理解し

自分に合った施術方法を選びましょう。

 

 

それを踏まえてクリニックや脱毛サロンを選ぶと

満足度の高い施術を受けることが可能です。

 

 

 

 

では、具体的な違いを見ていきましょう。

医療レーザー脱毛とは、医師が在籍しているクリニックや美容整形外科といった医療機関で受けられる脱毛です。

 

一方、光脱毛はエステや脱毛サロンで受けられる脱毛です。

医師が在籍していなくても施術ができるのが特徴です。

どちらもマシンによる照射をして脱毛を行いますが

光とレーザーではエネルギーの強さが異なるため効果や脱毛完了までの期間に違いが生じます。

 

 

 

 


その違いは、「永久脱毛」にも関係してきます。

永久脱毛というキャッチフレーズを、インターネットや雑誌などで目にしたことがある人も多いでしょう。

 

 

そもそも永久脱毛とは

AEA(米国電気脱毛協会)によると

「電気分解は、すべてのタイプの髪をすべての肌の色から安全かつ永久に除去します。電気分解は毛包の成長細胞を永久的に破壊し、処理された毛髪の成長を阻止する。」という定義が示されています。

実は、この永久脱毛とは、医療レーザー脱毛でしか目指すことはできません。

弱い出力で施術を行う光脱毛では、永久脱毛を目指すことは難しいのです。

 

 

 

ムダ毛のない素肌を手に入れるためには

毛周期に合わせて定期的に何度か施術を受ける必要があります。

そのため医療レーザー脱毛でも光脱毛でも

脱毛が完了するまではある程度の期間がかかります。

しかし、その期間に違いがあります。

 

 

 

光脱毛は、医療レーザー脱毛よりも価格が安くレーザーの痛みが弱いというメリットがあるものの

その分効果が劣るので、施術に通う回数が多くなり、脱毛が完了するまでの期間も長くなります。

 

 

一方、医療レーザーは、レーザーの効力が高いため痛みは光照射よりもあるのは確か。

でも施術に通う回数は少なく、永久脱毛完了までにかかる期間も短くて済むのです。

そのため短期間で永久脱毛をしたい人には、医療レーザー脱毛がおすすめでしょう。

 

 


さらに医療機関には医師が在籍しているので

敏感肌やアトピー性皮膚炎など肌に悩みを抱えている人にもおすすめです。

レーザーの経験・知識が豊富で実績のある医師と相談しながら脱毛を進められる。

それは非常に安心な環境です。

 

 

カウンセリングによってひとりひとりの肌質を見極め

肌への負担を最小限に抑えられることが期待できます。

 

 

とくに粘膜周辺のデリケートな部分は、確かな技術がなければレーザー照射ができません。

医療機関での施術であれば、万が一肌トラブルなどが起こっても、すぐ対応してもらえますが

一方光脱毛を提供するエステや脱毛サロンには医師は在籍していません。

 

 

 

脱毛したいと思った際には

価格だけで選ばずに

クリニックとサロンの違い等々しっかり理解した上で選びましょう。

 

 

 

医療レーザー脱毛を選択する、と考えた場合には

脱毛効果はもちろん、信頼できる医師が在籍するクリニックを選ぶことをおすすめします。

また、脱毛機器も日々進化しているので、利用しているマシンにも注目してみてください。

自分にあった脱毛方法を選び、満足度の高い脱毛を目指しましょう。

 

 

 


電気分解永久脱毛/アメリカ電気学会:http://electrology.com/faqs-about-permanent-hair-removal/is-electrolysis-permanent.html(引用日:2017.7.6)

 

 

  1. 医療レーザー脱毛と光脱毛(エステ脱毛)詳しくはどう違うの?

医療レーザー脱毛と光脱毛の違いを詳しく見ていきましょう。

大きな違いは、脱毛マシンのエネルギーの強さに差があります。

美容外科や美容皮膚科などのクリニックで用いられるマシンは

エステや脱毛サロンで使われるマシンよりも強いエネルギーで出力できることが特徴です。

 

 

 

レーザー脱毛も光脱毛も痛みを伴います。

エネルギーが高ければその分熱を発するので痛みが強くなる傾向にあります。

痛みが苦手な人は出力が弱いエステが適していると言う人もいます。

でも確実な効果を求めたい、となると話は違ってきます。

 

 

 

美容外科やクリニックのなかには麻酔をすることで痛みを減らし

施術をスムーズにしている施設もあります。

当クリニックでも、麻酔クリームを使用することが可能です。

痛みが強い、と言われるVIOに用いている人も多いです。

一方、脱毛サロンでは、医師が在籍していないため麻酔を利用することができません。

 

 

 

出力の差によって、サロンに通う回数も異なってきます。

パワーの弱い光脱毛では

脱毛が完了するまで(おおよそ毛が目立たなくなる状態)に

20回だの30回だの、と施術を受ける必要があるといわれることがあります。

一方、医療レーザー脱毛では5~6回程度通うだけも脱毛効果を実感することができるでしょう。

これは、医療レーザー脱毛は毛が生えてこなくなるための施術であることに対し

光脱毛は毛が生えてきづらくなる施術だからです。

 

 

この回数を目安として施術完了までの期間を考えると

かなりの時間の差になってしまいます。

脱毛効果のあらわれ方や痛みの感じ方には個人差がありますが

なるべく短期間でムダ毛のない肌を手に入れたいと考えている人には

医療レーザー脱毛の利用がおすすめといえるでしょう。

 

 


しかし、脱毛完了までのスピードが早く脱毛効果が高い医療レーザー脱毛は

その分料金が高いという印象を持っている人もいるかもしれません。

確かに医療レーザー脱毛は施術1回当たりの料金は光脱毛よりも高く設定されていることが多いです。

でも実際には通う回数が多い脱毛サロンの料金をトータルで比べると大きな差はないのです。

また料金はエステや脱毛サロン、クリニックごとに異なり

対応可能な脱毛個所やサービス内容なども異なってきますので

一概に料金だけでは比べられません。

細かく見比べて、自分に合ったところを上手に選ぶことがポイントになってきます。

 

 

 

ついつい価格の安さに気を取られてしまいがちですが

料金だけで判断せずに施術方法や期間も比較しながら

安心して通えるクリニックを利用しましょう。

 

 

 

もし過去に光脱毛で満足な効果が得られなかった場合でも

医療系に切り替えて施術をすることも可能です。

光脱毛後に医療レーザー脱毛を行うと

肌荒れが起きてしまうなどという誤った認識をしている方もいらっしゃいますが

肌荒れの直接の原因にはなりませんのでご安心下さい。

 

 

 

  1. 医療レーザー脱毛のメリット

医療系を選ぶ理由として、得られるメリットが多いことが挙げられます。

 

 

 

美容外科や美容皮膚科といったクリニックだからこそできるサービスやケアがたくさんあるので

医療レーザー脱毛と光脱毛のどちらを利用するか悩んでいる人は参考にしてみましょう。

 

 


医療系での一番のメリットは

医師が在籍し、看護師による施術が受けられるという点です。

 

 

脱毛をするにあたってさまざまな不安を抱えている人は多いでしょう。

ひとりひとりの悩みや心配事を

医師がカウンセリングを行いながら解決してくれます。

 

 

特にアトピー性皮膚炎や乾燥肌の人の場合

脱毛サロンでは施術を断られてしまうこともありますが

クリニックなら医師のもとで施術が進められるので安心です。

肌に優しく負担を最小限に考えられた施術ですが

万が一肌トラブルが起こったときには医師が適切な処置をしてくれます。

 

 


光脱毛よりも効力が高いという点もメリットです。

レーザーの出力を高くすることができるので、永久脱毛を目指すこともできます。

このレーザーによって毛穴までダメージを与え、再びムダ毛が生えてこないようにすることができるのです。

 

 

さらに、効力の高さによって、光脱毛よりも短期間で脱毛を完了することができます。

エステや脱毛サロンの場合、コンスタントに通ったとしても2年以上も必要になってしまいます。

クリニックならばその半分程度の期間でムダ毛の悩みを解消できます。

短い期間で徹底的にケアしたい人にとって、医療レーザー脱毛はとっておきの方法であるといえます。

ただし、体調によってコンスタントに通えず期間が長くなる場合もありますので

その点はあらかじめ考慮しておきましょう。

 


最後にレーザーを照射することで

肌の毛穴の状態が良くなって化粧のノリが良くなったり

美肌になったりといった効果もあります。

肌のコンディションを整えつつ、ムダ毛のケアができるのはうれしいポイントですね。

脱毛だけではないメリットも欲しい人は、ぜひ医療レーザー脱毛を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

  1. 全身脱毛?部分脱毛?医療レーザー脱毛ができる箇所

施術ができる箇所について知っておけば、コース選びをスムーズに進めることができます。

 

 

 

まずは全身脱毛と部分脱毛のどちらかを選びましょう。

 

 

 

全身脱毛は身体のパーツをトータルで施術できるコースであるのに対し

部分脱毛は気になる部分を選んで施術をすることができます。

ムダ毛の量や生えている箇所は人それぞれ異なるので

自分にとってどちらのコースが適しているのかを見極めることがポイントです。

 

 

脱毛可能な部位としては

腕や脚はもちろん

顔やVIOなどのデリケートな部分も施術することができます。

口ひげや額といった顔の気になる部分のほか、うなじの脱毛も可能です。

 

 

実は女性だけでなく男性向けのメニューもあり

鼻下、あご、あご下、両頬のひげが脱毛可能で、当クリニックでも好評です。

ひげの脱毛をすることで

毎日のお手入れが不要になったり爽やかな印象を保ったりすることができます。

 

 


VIO脱毛は当院の場合、女性限定の施術箇所です。

Vライン・Iライン・Oラインの施術コース(VIO)のうち

 

Vラインでは

水着などを着たときにはみ出てしまうムダ毛をきれいに脱毛することが可能です。

脱毛の範囲にもよりますが、下着への響きも無くなったり軽減されたりします。

 

IラインやOラインでは

ムダ毛を無くすことで生理中も衛生的に保つことができるというメリットがあり

デリケートゾーンの蒸れやかゆみから解放されるでしょう。

 

粘膜周辺のデリケートゾーンの脱毛になりますので、肌トラブルを起こさないためにも経験が豊富なクリニックで医療レーザー脱毛を受けることをおすすめします。

 

 

 

 

トータルでケアをしたい人には、全身脱毛コースが適しています。

腕や脚などの人気の部位に加え背中やうなじなど自分では手の届かない部分

VIOや顔のデリケートな部分などすべてを徹底的に脱毛できます。

クリニック通いの回数も減らすことができ

最短でムダ毛のない身体を手に入れることができるでしょう。

 

 

 

 

しかし、クリニックやエステ、脱毛サロンによっては

全身コースに含まれる部位と除外される部位とが指定されている場合があります。

エステや脱毛サロンの光脱毛の場合

そもそもIライン・Oラインなど粘膜周辺の施術に対応していない場合もあります。

 

 

 

当クリニックの全身コースでは、顔とVIOが含むもの、含まないものを選択できます。

また対応不可とされていることの多い顔の眉下・鼻も照射可能です。

 

 

黒目の直上の眉毛の部分は避けていますが

両耳側の整えたい無駄な眉毛には照射可能で

多くの人に喜ばれています。

 

 

鼻に関しても

毛穴の黒ずみなどにも変化を及ぼし

当院を選ぶ理由のひとつとして挙げて下さる患者様もいらっしゃいます。

 

 

 

また、医療レーザー脱毛であれば

全身脱毛と部分脱毛のどちらにするべきか悩んだときに

医師に相談しながら一緒に決めることも可能です。

肌への影響やリスクについて熟知していますので

医師が不安を解消し、看護師による安全な施術を受けることができます。

特に粘膜が近いVIOと人の目に触れることの多い顔の脱毛は

不安なく納得したうえで

信頼できるクリニックで施術をしたいものです。

 

 

安心して医療レーザー脱毛を受けたいと思うのであれば、ぜひ当クリニックにご相談ください。

 

 

  1. 医療レーザー脱毛マシンの種類 

使用するレーザー機器はクリニックによって異なります。

それぞれのマシンにはメリットや効果的な利用方法があるので

知識を深めておくと満足度の高いクリニック選びに役立つことでしょう。

それぞれのクリニックの考え方もレーザー機器の選択に表れている、とも感じます。

 

良く用いられる機器としては

ダイオード・レーザー

アレキサンドライト・レーザー

YAGレーザー(ヤグレーザー)などがあります。

各レーザーによって、産毛に強いもの痛みが強いものなど違いがあるのです。

痛み、という意味では現在は

同じダイオード、という名前ですが

連続照射を行う蓄熱式タイプというものもあります。

 

 

 

当院で用いるのは「LightSheer DUET(ライトシェアデュエット)」

アメリカのルミナス社のマシンです。

 

 

ライトシェアは

世界で初めてFood and Drug Administration/米国食品医薬品局(FDA)で認可を得たマシンでもあり

世界的にもシェア率はNO.1です。

日本でも多くのクリニックや医療機関で用いられています。

 

 

この機器は単発照射式のダイオードレーザーです。

その他の医療レーザー脱毛マシン同様

毛や毛根の黒いメラニン色素に対して反応し脱毛をしていきます。

 

 

毛は、主に毛乳頭と毛母細胞という機関によって発毛と脱毛が成されます。

毛乳頭は直接毛細血管と連結していて

発毛はもちろん脱毛のための栄養素や成分を受け取り

毛の発毛脱毛サイクルをコントロールしています。

その毛乳頭の指令を受け取り、毛母細胞は細胞分裂を起こしていきます。

細胞分裂した毛母細胞尾の一部は毛乳頭の周囲に残り

一部は角質化していきそれらが毛髪となっていきます。

 

ライトシェアデュエットの医療レーザー脱毛は

この毛乳頭と毛母細胞を破壊することができるため

毛が生えてこなくなるのです。

 

 

またダイオードレーザーは

アレキサンドライトレーザーと比べて波長が長くなっています。

具体的には、アレキサンドライトレーザーの波長755mmに対して

ダイオードレーザーの波長810mmです。

これによって、皮膚の深部まで届くため毛根が奥深い場合でも効果が得られやすいのです。

 

 

その他のライトシェアデュエットの特徴としては、吸引機能が挙げられます。

レーザーの熱エネルギーを直接的に効率よく毛根に与え破壊するために

皮膚を吸い上げて照射を行う機能です。

直接的な照射ができることから

エネルギーを従来よりも下げて照射ができるようになり

効果と同時に痛みの軽減も実現できています。

痛みが比較的少ないことから

冷却装置や脱毛の際に全身に冷却ジェルを塗ることもないため

冬の脱毛も寒さに耐えて脱毛をするなんてことありませんし

大きな照射口を完備していることから、脱毛にかかる時間も短縮できています。

さらにこの吸引機能によって

肌に含まれるメラニン色素にエネルギーが吸収されてしまうことを防ぐ副次的な効果も生まれ

肌へのダメージや体への負担が少ない脱毛マシンといえるでしょう。

 

 

 

クリニックを選ぶ際に料金や施術回数を気にする人は多いものの

使用している医療レーザー機器については関心がない人も少なくありません。

現代では医療レーザでも効果が弱いと言わざるをえないものまで存在します。

しっかりと脱毛できたうえで肌質に合った施術を受けるためには

マシンの種類も比較しながらクリニックを利用すると良いでしょう。

 

 

  1. 医療レーザー脱毛のデメリットはないの?疑問・不安、解決します

脱毛の効果やメリットについて理解できても

不安や疑問が残っていて

なかなか一歩が踏み出せないという人もいるのではないでしょうか。

 

 

自分の体に施術をしますし

料金も安くはないので、なおさらですよね。

 

 

ムダ毛の悩みから解放されるためにも

安心して脱毛するためにも

事前に疑問や不安はしっかりと解決する必要があるでしょう。

 

 

 

 

「産毛や剛毛など毛質によって脱毛効果が異なるのかどうか」という質問は多いです。

回答としては、太くてかたい毛の方が効果はあらわれやすい傾向にあります。

 

 

レーザーのエネルギーはメラニン色素、つまり黒色に反応します。

黒の多い剛毛のほうがしっかりと作用するからです。

1本1本が細い産毛はレーザーエネルギーが集まり難く

十分な効果が期待できません。

適切に強いエネルギーで、何度もレーザー照射を繰り返せば

産毛のような細い毛でも脱毛することが可能です。

 

 

 

「毛穴が塞がってしまい正常に生えていない埋没毛に対して効果が得られるのかどうか」

この疑問が浮かぶ方も少なくありません。

カミソリや毛抜きによる自己処理が原因で起こりがちな埋没毛(うもれ毛)。

当院ではうまく医療用の細いピンセットで露出させ

なおかつしっかりしたエネルギーを照射して対処していきます。

露出させられない毛は効果は落ちてしまいますが

様子を見ながら進めていきます。

 

 

毛質や生え方には個人差がありますが

とんどのムダ毛に対して効果を実感することができるのです。

それでも不安な点があれば

無料カウンセリングなどを利用しながら医師に相談してみましょう。

 

 

 

これほどに医療レーザー脱毛の効果が高いことをお伝えすると

「医療レーザー脱毛なら、1回の施術で十分なのではないか?」

と思われる方もいらっしゃいます。

 

 

体毛は毛穴によって毛周期が異なるので1回ではつるつるのお肌にはなりません。

毛の生える周期のことを毛周期と呼びますが

毛周期には成長期・退行期・休止期の大きく3ステップがあります。

 

 

成長期は毛が新しく生まれて伸びる時期を指します。

成長前期は毛穴の中に毛が埋まっている状態で

毛穴から毛が飛び出している状態の時期はすでに成長後期にあたります。

しばらく経つと退行期に移り、毛母細胞の細胞分裂が停止している時期になります。

その後の休止期では毛が抜け次の成長期に移るまでの準備期間となります。

 

皮膚の下で育って、一定の長さまで皮ふから出て伸びていきます。

「成長期」の後は「退行期」という、毛の成長が止まって抜け落ちるまでの期間です。

脱毛の効果が与えられるのは、毛根に毛がつながっている成長期の毛です。

退行期や休止期の毛には十分にレーザーエネルギーを与えることができません。

1回のレーザー照射で脱毛できる毛は

全体の20%程度といわれていますから

数回の脱毛が必要になるのです。

 

 

 

 

毛根にダメージを与える施術であるため

一度効果があった毛根からは毛が生えてこないのが最大のメリットです。

永久脱毛をすることで、自己処理の煩わしさを解消しつつ

ムダ毛のないなめらかな素肌を手に入れることができます。

 

 

剛毛や埋没毛には効果がないのではないかと悩んでいる人も

ぜひ憧れの素肌を手に入れてください。

実績が豊富なクリニックの医師が、最適な方法で脱毛をサポートしますのでご安心ください。

 

 

  1. 医療レーザー脱毛がお勧めな人

 

結婚式やイベントを控えているなど

いつまでに脱毛を完了させたいという目的がある人は

1~2年で永久脱毛が完了できる医療レーザー脱毛が最適です。

 

 

肌の仕組みや脱毛に関する知識が十分にある医師と相談し

看護師が施術を行うので、敏感肌の人や肌が弱い人にもおすすめです。

 

 

エステや脱毛サロンで満足のいく効果が得られなかった人でも

高い能力を持つ医療用のレーザーマシンを使用することで

理想の素肌に近づけることができます。

 

 

レーザーによっても効果は変わってくるので

医師と相談しながら、自分の肌や毛質に合った施術をしましょう。

 

 

 

 

誰でも安心して利用できる医療レーザー脱毛は

美容外科や美容皮膚科などのクリニックで施術を受けることができます。

興味がある人は、まずは気軽に当クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

これまでにたくさんの脱毛を行ってきた経験をもとに

お客様ひとりひとりが抱えるムダ毛に関する悩みにもしっかりと向き合います。

 

 

 

 

東京新宿の医療脱毛・医療レーザー脱毛なら

東京新宿の医療脱毛・医療レーザー脱毛のドクター松井クリニック

こちらの記事に関連する部位の施術メニューはこちら!

新宿の医療レーザー脱毛ならドクター松井クリニック

0120-777-695

受付:11:00~20:00 (年中無休)

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る