新宿、東京の医療脱毛・医療レーザー脱毛、全身脱毛ならドクター松井クリニック

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

肌が弱い・肌疾患がある…そんな人にこそ医療レーザー脱毛がおすすめ。テストショットでお試しも!

肌が弱い・肌疾患がある…そんな人にこそ医療レーザー脱毛がおすすめ。テストショットでお試しも!

エステ脱毛を断られてしまうのはなぜなのか

エステ脱毛(光脱毛)のメリットは、気軽に通うことができて費用も比較的安価なことでしょう。痛みが少ないとも言われるので、肌の弱い方は医療レーザー脱毛よりエステ脱毛に興味を持つかもしれません。しかし、肌が弱い方やアトピーなどの肌疾患のある方、極端な乾燥肌の方はエステ脱毛で断られる可能性があります。なぜでしょうか?

それは、エステ脱毛の現場には医学的知識を有する専門家がいないため、問題が起きても適切に対応できないからです。あるいは、本来は脱毛ができる肌の状態だったとしても、正しく診断することができず肌疾患があるというだけで契約できないケースもあるでしょう。エステサロンとしては、可能な限りトラブルは避けたいはずですから、リスクは極力回避するでしょう。一時的な肌荒れなら施術を受けられるケースもありますが、このように生まれつき肌が弱い方の場合、エステ脱毛を諦めざるを得ない場合が多々あるのです。

 

 

肌が弱いからこそ医療脱毛がおすすめな理由

一方医院では、エステで断られた方でも医療脱毛施術を受けられるケースが多くあります。医師が「脱毛が可能か否か」専門的な視点でしっかりと判断をしてくれるので、信頼も安心もした上で脱毛施術を受けることができるでしょう。もちろん、どんな肌でも施術を受けられるわけではありませんが、麻酔や薬剤が使用できる医院ならばエステサロンよりも安全な環境で施術を受けられます。

また、肌が弱い方は自己処理でも肌トラブルを引き起こす可能性があります。脱毛クリームやカミソリにかぶれやすい肌質だと、自己処理をする度に肌荒れを引き起こします。これを続けていくと、皮膚が色素沈着を起こしたり、埋没毛を作ってしまったりという事態につながるのです。肌が弱いからこそ、医師による脱毛施術を受けるメリットは大きいと言えるでしょう。では具体的に、どんな場合に脱毛が受けられるのか、受けられないのかご紹介いたします。

 

アトピー・ニキビ・ケロイド…肌トラブルがあるけど医療脱毛できる?

  • 「ニキビ」の場合の脱毛

ニキビがあっても脱毛を行うことは可能です。施術を受ける機関によって異なりますが、ドクター松井クリニックでは、施術の際には炎症の有無によって施術の方法を変えることで、肌に負担をかけずに脱毛ができるのでご安心ください。ニキビが炎症を起こしているときには、炎症部位を保護してからレーザーを照射していきます。また、ニキビの炎症が治まっていれば照射することができますが、状態に応じて出力を調整する必要があります。医療機関の場合ではニキビの状態を正しく評価した上で微妙な調整を行いますから、効率よく脱毛できるといえるでしょう。

 

「アトピー」の場合の脱毛

アトピーがある場合には、診察により肌の状態を見極めたうえで施術を行うことが大切です。基本的には、アトピーで炎症が起きている場合であっても、炎症部位を保護すれば脱毛は可能です。アトピーの注意点として、カミソリを使ってたびたび自己処理をしていると肌の角質をそのつど削ることになり、肌への負担が大きくなることがあげられます。アトピーの場合でも、医療レーザー脱毛であれば長期的にみて肌の負担を減らす効果が期待できますので、アトピーでお悩みの場合、お気軽にご相談ください。

 

「ケロイド体質」の場合の脱毛

ケロイド体質の方の場合、エステサロンでは不測の事態への対応が難しく、施術を断られることが多いものです。しかし、当院ではカウンセリングの際にケロイド体質と申告があっても、ほとんどの方はレーザーを照射できた実績があります。医療機関のレーザー脱毛は、事前のカウンセリングがきめ細やかで的確。患者さんの体質に合わせた施術が受けられるため安心です。

 

 

医療脱毛は毛孔性苔癬や日光過敏症でも受けられるのか

「毛孔性苔癬 モウコウセイタイセン」がある場合の脱毛

二の腕や肩によくできる毛孔性苔癬は、ブツブツしていますから脱毛できるかどうか不安になるものですよね。結論からいうと、施術には全く問題ありません。むしろ肌がきれいになる可能性もあります。毛孔性苔癬のブツブツの原因となっているのは、毛穴に詰まった角質。医療レーザー脱毛では施術の際に毛母細胞ごと破壊するため、毛穴の角質を取り除く効果もあるのです。毛孔性苔癬にお悩みの場合、肌疾患を改善しながら脱毛できる方法をご提案します。

 

「色素沈着」がある場合の脱毛

肌の一部が色素沈着しているので、医療レーザー脱毛はできるのかという不安を感じている人もいるでしょう。色素沈着が起こる原因は様々で自己処理の脱毛やアトピーによる炎症後色素沈着、肌の摩擦や刺激により発生する摩擦黒皮症、年齢による老人性色素斑、脂漏性角化症などがあります。自己処理の脱毛による色素沈着の場合には、医療レーザー脱毛をすることで自己処理から解放されるため、改善される可能性があります。しかし、色素沈着とひとことでいっても肌の状態は人それぞれです。そのため、既に色素沈着している肌に医療レーザー脱毛をすると、色素沈着の部分にレーザーが反応し、やけどのリスクもあります。無料カウンセリングで肌の状態を診断し、テスト照射や色素沈着の部分には照射しないで脱毛を開始する、色素沈着を治療してから脱毛を始めるなど、肌の症状に応じて事前に方針をお伝えすることが可能です。それぞれの症状に応じて安心して脱毛ができるように配慮しています。

 

「日光過敏症」の場合の脱毛

世の中にはアレルギーに悩まされている人も多いです。日光過敏症は幅広い年代に発症が認められており、施術が可能かどうか慎重に判断する必要があります。日光過敏症とは紫外線によるアレルギーです。この日光過敏症ですが、実は紫外線だけでなく、薬の副作用によっても発症することがあるため、原因を特定することが大切です。原因と症状によっては治療をしてから施術することもあります。医療機関で施術する医療レーザー脱毛のメリットは、このような気になる症状の治療も同時に行うことができることです。基本的にはなんらかのアレルギーをもっている人でも医療レーザー脱毛の施術にはそれほど影響はしないことが確認されています。無料カウンセリングで遠慮なく相談していただいて不安を解消してみてはいかがでしょうか。

 

 

その他、「タトゥー」があると場合の脱毛は可能?

タトゥーがある場合には医療レーザー脱毛は可能なのでしょうか。タトゥーがあると、その部分には医療レーザー脱毛の施術ができません。レーザーがタトゥーの色素に反応してしまい、ヤケドを負うリスクがあるためです。ただし、タトゥーのない部分の肌への施術は可能です。あらかじめタトゥーの位置を確認し、タトゥーを避けて施術を進められます。タトゥーがあるからと諦めてしまう前に、お気軽にご相談ください。

 

 

レーザー照射後に想定されるお肌のトラブル

肌の状態によって影響は異なりますが、医療レーザーは毛のメラニン組織に反応して熱を出し、周辺にある毛を作り出す細胞を破壊して、脱毛効果を得ます。この一瞬で熱が一気に発生するので、皮膚は大きいダメージを受けることになります。もちろん肌トラブルのないようにアフターケアを行いますが、場合によっては皮膚が赤く腫れて炎症をおこしたり、かゆみが生じたりすることがあります。もし毛嚢炎(もうのうえん)と診断されれば、抗生物質も服用しなければなりません。もともと肌が弱い方は、その影響が強く出やすいことがありますから、施術中や施術後に少しでも違和感があれば、すぐにスタッフに伝えるようにしましょう。

 

 

カウンセリングを受けてみよう!不安な場合はテストショットも

このように、脱毛ができないケースというのは、意外と少ないものです。ただし、どのケースでも大切なことは、カウンセリングを受けることです。ドクター松井クリニックでは無料カウンセリングを実施しています(要予約)。「肌が弱くて不安」という方は、治療の内容や費用などについて納得できるまでご質問ください。それでも不安が残るときには、テストショットをしてみると良いでしょう。痛みなど部位によって多少の差はありますが、実際の施術内容を知るには最適の方法です。全身脱毛となるとそれなりに費用がかかりますし、不安を抱えたまま施術を受けるのは辛いものです。納得して施術を受けるためにも、テストショットを受けてみてはいかがでしょうか。

万が一、肌の状態を加味して脱毛を取りやめたいという方でも、ドクター松井クリニックでは途中解約による返金システムも含め、保証制度が充実しているので、安心して脱毛を受けていただけます。

 

 

 

東京新宿の医療脱毛・医療レーザー脱毛なら

東京新宿の医療脱毛・医療レーザー脱毛のドクター松井クリニック

 

0120-777-695

受付:11:00~20:00 (年中無休)

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る