新宿、東京の医療レーザー脱毛、永久脱毛 (全身脱毛)ドクター松井クリニック

クリニックのご案内 はじめての方へ

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

医療レーザー脱毛照射ができない範囲

医療レーザー脱毛照射ができない範囲

短い時間で痛みを抑えた施術を行うことが可能であるというメリットから、日常のお手入れの面倒さを軽減させ、美しい体を手に入れたいと医療レーザー脱毛に関心を持つ女性は少なくありません。しかし、医療レーザー脱毛でも処理することができない場所もあります。
そこで今回は照射ができない具体的な範囲についてご紹介します。

鼻毛やIラインなどの粘膜の部分

頻繁にケアを行っているつもりなのに、いつの間にか伸びてしまう鼻毛に悩んでいる人もいることでしょう。空気中の菌やウィルスが体内に入ることを防いでくれる大切な役割を持つ鼻毛ですが、日々の処理を楽にしたいという思いから脱毛を考えている人もいるかもしれません。また、人気のVIO脱毛のうちのIライン。性器を清潔に保つためにも、見栄えのためにも脱毛を希望される方は多くいらっしゃいます。
しかし、鼻毛やIラインの粘膜部分、つまり赤く湿った部分への医療レーザー脱毛照射は行うことはできません。これはエステ脱毛でも一緒ですが、粘膜にはレーザーや光の照射はできないのです。粘膜に照射をしてしまうと、その刺激への反応が強く、炎症を起こしてしまうためです。また火傷になってしまうこともあります。
鼻毛の脱毛ができるというクリニックやサロンは、つまり粘膜にあたらないギリギリのラインまでしっかり脱毛をしてくれるということになります。

乳輪

女性の中には乳輪に毛が生えていることを密かに悩んでいる人もいます。産毛のような毛ではなく突如生えた太い毛に女性としての恥ずかしさを感じ、脱毛処理をして無くしたいと考えている人もいるかもしれません。特に乳輪は一度生えると濃くなりやすい傾向があるため気にする人は多いことでしょう。
しかし、乳輪はご存知の通り、ほかの皮膚とは色素が異なります。これによって極端にレーザーのエネルギーが吸収されてしまい、火傷になってしまうので、照射が難しいのです。
そのため、医療レーザー脱毛は難しいことがほとんどでしょう。
炎症を起こした箇所は赤い湿疹のようなデキモノのようになり、悪化すると痛みが生じるケースもあるのです。デリケートな乳輪周りの皮膚を傷めることで傷口に細菌が入り、ただれてしまったり、化膿してしまったりすることにもつながるためさらにリスクが高くなりってしまいます。

 

髪の毛の生えている頭

粘膜や乳輪と同じく脱毛ができない箇所として挙げられるのは、髪の毛です。髪の毛は、頭皮の毛穴が多いことと毛が太いことから、脱毛を行うと激しい痛みが伴います。また腕やワキなどと違い、毛根がしっかりとしているため、火傷になってしまったり、脱毛の効果も出にくいのです。うなじやおでこの産毛の照射は可能ですが、どこからが照射ができてどこからができないのか判断が難しいですから、希望がある場合はカウンセリング時に確認をとるようにしましょう。

まとめ

全身のさまざまなムダ毛の処理を行いたいと考えていても、実際には医療脱毛照射ができないとされている範囲があります。しかし、より美しくなりたい、毎日のケアを軽減させたいと脱毛を考える女性にとっては、出来る限りご自身の理想の状態を突き詰めていきたいでしょう。そのような場合には、デリケートな箇所への脱毛が可能な高い技術力を持ったクリニックを選ぶことが大切です。
ドクター松井クリニックでは、患者様おひとりおひとりの理想をしっかりカウンセリングし、場合によっては鏡を見ながらご自身の希望をご確認いただくなどして、脱毛の施術を提供しています。また、アフターケアや保証制度も充実させることで安心して施術を受けることができる体制も整っています。脱毛コースの消化期間が無制限であるほか、硬毛化に対する保証ではコース終了後の一年間は無料で照射してもらうこともできるようになっています。最新の医療機器を完備した、高い技術力を持ったクリニックを利用することで、より美しい体作りを目指しましょう。

 

東京新宿の医療脱毛・医療レーザー脱毛なら

東京新宿の医療脱毛・医療レーザー脱毛のドクター松井クリニック

0120-777-695

受付:11:00~20:00 (年中無休)

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る