新宿、東京の医療脱毛・医療レーザー脱毛、全身脱毛ならドクター松井クリニック

クリニックのご案内 はじめての方へ

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

自己処理とワキの臭いの関係

自己処理とワキの臭いの関係

自己処理と臭いの関係性

よく自己処理を行うと臭いがきつくなると言われます。
特によく言われる箇所として、脇があります。
脇の場合は、脱毛の自己処理を行わなくても、臭いに悩んでいる人が多く、臭いやすい場所と認識しておいて間違いないでしょう。
では、この臭いの原因は一体なんなのでしょうか?
一般的なワキガと言われるものは別ですが、自己処理によって臭うようになるのは、雑菌が原因です。
つまり、自己処理によって脇に傷がついてしまい、その後のアフターケアをしっかりと行わなかったために、雑菌が入りそれが臭うようになってしまったのです。
つまり、自己処理が臭いを生み出すのではなく、自己処理によって傷つけてしまう可能性があり、その後のケアをしっかりと行っていないために雑菌が入り、臭いがするようになるということです。

自己処理もきっちりと対処すれば問題ない?

自己処理後のケアをしっかりと行っていけば、基本的に臭いを解消することはできます。
しかし、脇などはどうしても不潔になりやすい箇所ですので、自己処理後のケアも難しい部分があります。
よって、傷つけないのが一番ですが、どうしても難しいという場合には、自己処理を勉強するよりもクリニックやエステで行うことを考えた方が良いですね。
脇の臭いは一旦発生するようになると、なかなか治りませんので、臭いがしない状態を保つことを優先的に考えるべきです。

自己処理はとにかく傷つけないこと

自己処理で最も大切なことは、とにかく傷つけないことです。
傷つけることがなければ、雑菌が入って臭いがするようになることもありません。
傷つけた後のケアに関しては、なかなか自分では難しいものがありますので、まずは傷つけない、それが難しいなら專門機関へ、と考えておくと良いでしょう。
脇もそうですが、デリケートゾーンも本来は専門機関で行うことがベストです。
清潔な状態で行わないと感染症などの危険性もありますので、注意が必要です。
 
 
 
 
 
 
 

0120-777-695

受付:11:00~20:00 (年中無休)

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る