新宿、東京の医療脱毛・医療レーザー脱毛、全身脱毛ならドクター松井クリニック

クリニックのご案内 はじめての方へ

受付:11:00~20:00 (年中無休)

0120-777-695

無料カウンセリング予約 お問い合わせ

ピルと脱毛について

新宿 ドクター松井クリニック 松井です。

今回は性ホルモンと医療レーザー脱毛との関連について。

ピルを飲んでいる場合はどうなのか?等の疑問に対しての解説を記していきます。

 

 

「ピルを服用していても脱毛可能です ! 」

脱毛をしたいけどピルを飲んでいる、大丈夫かな?

そうやってネットを調べると、ダメと書いてある場合などもあったりして

もしくはエステで断られてしまったり、で

あきらめている人もいるかもしれません。

 

でも現代であれば

医療脱毛を行っているクリニックにカウンセリングに行った場合

(ピル服用以外で引っかかる点が無い人であれば)

ふつうはOKが出ると思います。

 

きちんと医師の処方を受けてコントロールできていれば

ピルでは問題になることはまず無い、と言えるわけです。

 

 

確かに女性ホルモンのひとつ、プロゲステロンが増加すると

レーザー脱毛照射の際に反応が強くなり

痛みを感じやすくなるケースがあります。

生理前に照射すると痛い、と言っている人がいるのはそれですね。

生理前にプロゲステロンが上昇してくるのです。

ただ、大部分の人はそういった時期もふつうに脱毛照射をクリアしていきます。

痛みも言うほど増えず、ましてや火傷になる、なんてことも無く

特に気にせずに脱毛を行っている人がほとんどでしょう。

ピル服用の場合はそういったところまでもいかないです。

 

 

月経前症候群(PMS)という言葉は昨今よく聞かれるものですが

先ほど書いた生理前のプロゲステロンの増加によって起こるものです。

このPMSを和らげるためにピルを飲んでいる人も多いですね。

こういった部分から考えても、脱毛の際にピル服用は問題にならないです。

ピルをうまく服用して、にきびに対する治療を行っている人も多くいらっしゃいますが

そういったかたちでホルモンバランスを整えることがうまくいっているのであれば

むしろレーザー脱毛(もしくは光脱毛)の照射に対しても、向いている状況である、と言ってよいわけです。

 

 

ただ、妊娠時はストップ!!

妊娠の時はエストロゲン、プロゲステロンという女性ホルモンがまず増えてきます。

でも妊娠が順調に進むと、途中からこの2種のホルモンがもっともっと増えてくるのです。

そうすると脱毛レーザーの照射にはかなり不向きになってきます。

妊娠が分かった時点で脱毛照射はストップするのが良いでしょう。

無理は禁物。

この辺りは医療脱毛であろうとエステ脱毛であろうと同じような感じで説明を受けることと思います。

 

 

妊娠時はお休みしてから

また通ってきて医療レーザー脱毛を受けている患者様は当院にもたくさんいらっしゃいます。

うまくお休みしてホルモンバランスが戻ってから効率よく安全に脱毛を行っていきましょう!!

 

 

 

 

~まとめ~

医療脱毛のレーザーに対する皮膚の反応は

女性ホルモンのバランスでも変わってきます。

バランスが極端に変化するような時(妊娠や一部の病気等)は照射をストップしなくてはなりません。

ピルを服用している場合はバランスを整っているケースが多いわけですから

レーザー脱毛に支障はありません。

 

 

ピルを飲んでいて脱毛できるかどうか大丈夫なのか?考えている方々が

こういった記事に触れることで、その不安を解消できるならばなによりだと思います!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0120-777-695

受付:11:00~20:00 (年中無休)

Copyright © MATSUI CLINIC.All Rights Reserved.
ページのトップへ戻る